Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

歯をできるだけ削らずに済むよう、

当医院では定期健診や口腔内の検査からの定期清掃にも力を入れております。

痛くない麻酔方法の実践、削り過ぎない最適な治療計画を提案
麻酔をコンピューター制御で一定量・一定圧力で注射することで従来の麻酔法と比べて格段に痛みを和らげることができますので安心して治療を受けられるかと思います。一般歯科では虫歯治療をはじめとして「歯が痛い」・「歯茎がはれた」・「冷たいものや熱いものがしみる」といった一般的な歯科治療のほか、定期的な歯科検診も行なっておりますので「最近歯医者に行っていないな…」という方は是非、しばたデンタルクリニックへお越しください。

f:id:hemntoe:20160318181441j:plain

お口をいつも清潔に、健康に保てるよう予防歯科に力を入れております。
皆さまにいつまでも楽しくお食事をし、日々を楽しく過ごして頂くために、悪くなった歯を治療するだけでなく、ご自身の歯、治療した歯を悪くならないよう予防することに力を入れております。具体的には歯ブラシなどでは汚れを落としきれなかった部分へのクリーニング(PMTCなど)、歯を虫歯から強くするフッ素塗布やフッ素イオンの導入などがございます(光照射器 歯科)。

f:id:hemntoe:20160318181445j:plain

PMTC
PMTCは歯を削るための治療器具ではなく、ソフトな素材を用いて歯をやさしくクリーニングしていくので痛みはありません。歯磨きなどでは落ちなかった汚れを丁寧にお掃除いたします。

フッ素塗布
お子様の検診にはフッ素塗布をおすすめしており、大人の方にはフッ素イオンによりフッ素塗布よりも効果が大きい方式で虫歯予防に役立てています。

定期健診
定期検診を実施することで、前回より口腔内の健康状態がどう変化したか早期に発見、治療を行います。定期検診は虫歯になっても大きく削る必要性を低下させる有効な習慣としておすすめいたします(スリーウェイシリンジ)。