Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

歯周病とは?

健康な歯は、歯肉(歯ぐき)や歯槽骨といった歯周組織に守られています。

なぜ!?多くの方々が歯周病で歯を失ってしまうのでしょう。
小さなサインを見逃してしまうと、歯ぐき顎の骨の組織が破壊され、最終的に歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気なのです。私たちの口の中には400種類とも言われる細菌がすみついています。
これらの細菌は、口の中に残った糖分などをエサにして、歯の周りにプラーク歯垢)と呼ばれる白いネバネバとした物質が発生されます。歯磨きを怠ると、このプラークの層が厚くなり歯周病の原因とされる歯周組織がすみつき、増殖を始めるわけです(超音波スケーラー)。

歯周病の進行について

健康な状態

f:id:hemntoe:20161228125521j:plain

歯肉の色は薄いピンク色で、歯と歯ぐきのすき間(ポケット)もなく、歯ぐきが引き締まっています。ブラッシングをしても出血はしません。

軽度の歯周病(P1)

f:id:hemntoe:20161228125536j:plain

歯肉の色は、赤みを帯び、歯ぐきが赤く腫れ上がり、歯を磨いたり、歯を磨いたり硬い物を食べると出血することもあります。


中度の歯周病(P2)

f:id:hemntoe:20161228125550j:plain

歯と歯肉の境に付着している歯肉中の細菌が毒素を出し、歯肉に炎症をもたらします。ポケットの炎症が慢性化して、骨が溶けはじめます。口臭もあり、歯が浮いたような感じがします。


重度の歯周病(P3)

f:id:hemntoe:20161228125601j:plain

歯肉の色も赤紫色のようになり、歯と接している歯肉がさらにぶよぶよと腫れ、退縮します。歯と歯の間が広がり、食べ物もよく詰まります。歯肉が退縮して、歯が長く見えます。
さらに重症化すると歯槽骨が失われ、歯は土台を失う抜け落ちてしまいます(エアースケーラー)。