歯医者さんで行うホワイトニング

歯医者さんで行う歯のホワイトニングをオフィスホワイトニングと呼びます。オフィスホワイトニングとは歯に直接ホワイトニングの薬剤を塗布して、特殊な光を当てて歯を白くしていく方法です。その特徴は以下のようになります。

f:id:hemntoe:20180620194344j:plain

① 歯が白くなるのが圧倒的に早い!

 オフィスホワイトニングでは一番効果的な濃い薬剤、特殊なライトを使用します。1回のホワイトニングで終わった直後から歯の白さを実感できることが多いです。もちろん、その白さはもともとの歯の色に左右されますが、目で見て白さが実感できることがいい点です。もし、今の白さより大幅に白くしたい場合は、オフィスホワイトニングを何回か続けて行います。
 お家で行うホワイトニング(ホームホワイトニング)では歯が白くなったと実感できるまで時間がかかります。(毎日お家でやっても2週間ぐらいかかります)
歯を白くすることが最優先ならオフィスホワイトニングがおすすめです。

② 手間がかからない!
 ホームホワイトニングだとクリニックで型をとって作製したマウスピースを毎日装着し、薬剤が切れたらクリニックまで再度購入したりと継続するための手間がかかります。
 オフィスホワイトニングだと予約して行くだけ。施術時間は少し長く感じてしまうかもしれませんが一回(一日)で終わるのでお仕事で忙しいビジネスマンや毎日マウスピースをしたくない方にはおすすめです(ホワイトニング機械)。

③ ホワイトニング後、数日しみる!
 ホームホワイトニングに比べてオフィスホワイトニングで使用する薬液の濃度が濃いためしみやすくなります。以前よりホワイトニング剤が改良されしみにくくなってきましたが、それでも最初はしみると思った方がいいでしょう。一般的に数日でそのしみる症状は消失します。しかし、普段の生活やホワイトニング中に強いしみや痛みが出る方はオフィスホワイトニングは適してないのかもしれません。

④ 後戻り
 ホームホワイトニングのように濃度が低い薬液で徐々に白くしていくのと違って一回の処置で効果を出すものなので後戻りが早いです。この後戻りも以前より改善され後戻りしにくくなってきていますが、ホワイトニングをしても永久に白さは保てません。
 個人の歯の質や生活によっては思っていたよりも早く黄ばみが出てきてしまうこともあります。個人差はありますがホームホワイトニングは約1~2年、オフィスホワイトニングは半年~1年と言われています(ホワイトニング用シェードガイド)。

すごかった雪

先週は雪…ほんと久しぶりに大変でした
 
ニコも喜んで外に出たものの
あまりにも深く進むのを躊躇(笑)

新聞やさんの足跡があるところだけ
歩いては悩んでました…

f:id:hemntoe:20180201174521j:plain

この日は幸運なことに
仕事が休みだったので
 
昼間ゆっくりと何度かに分けての雪かき

ニコも何度も一緒に外に出ては
雪の中楽しみましたよ~♪

f:id:hemntoe:20180201174532j:plain

雪で楽しんだ日もあるけど
毎日寒いので…家の前の日陰の道路は
バッキバキに凍っていて

寒いながらもお天気のいい日は
車でお散歩へ(笑)

せっかく雪が溶けてる道まで行っているのに
わざわざ積もっている公園に入りたいニコ…
なんということでしょう(笑)

f:id:hemntoe:20180201174542j:plain


まだまだ寒い日が続くみたいで大変
早く暖かくなるといいな~

携帯式動脈酸素飽和度測定する 家庭用 介護 パルスオキシメーター

携帯式動脈酸素飽和度測定する 家庭用 介護 パルスオキシメーター

f:id:hemntoe:20180201174322j:plain

特徴:
SpO2プローブ、処理表示などが一体化した血中酸素濃度計
コンパクトで、持ち歩くのも便利
使用方法も簡単で、低消費電力
血中酸素飽和度数値表示
脈拍数値棒グラフ表示
脈波波形表示
バッテリー残量表示
表示画面チェンジ可能、4種のパターンからお好みで画面を切り替えられる
自動シャットダウン機能:本体を指から外すと5秒内に自動的に電源は切れる

仕様:
ディスプレイモード:1.1インチカラーOLEDスクリーン表示
ディスプレイ解像度:96*64
精度:70%~100%:±2%, 70%以下は定義していない
脈拍数測定範囲:30bpm~250bpm(分解率为1bpm)
精度:±2bpm或いは±2%のいずれか大きい値を取る
脈搏が弱い時の誤差:脈搏の満ちる程度は0.4%の時、血中酸素濃度計はSpO2と脈拍数値が正確に表示できます。SpO2の誤差は±4%、脈拍数値の誤差は±2bpm或いは±2%のいずれか大きい値を取るのです。
耐光干渉能力:室内のライト及び照明光源の下で、SpO2測定は暗室に比べて、偏差値<±1%
消費電力:30 mA以下
電圧:DC 3.0V
バッテリ:単4形のアルカリ乾電池1.5V 2本
連続使用時間: 最低20時間連続使用可能、理論上は32時間
安全タイプ:内部電源、BF型アプリケーション
正味重量:50g

きんとん「錦秋」

今週の自家製お菓子は、きんとんの「錦秋」です。

中は小豆漉し餡で、外は手芒こし餡を黄色と橙色に色付けし、きんとんにいたしました。
いつも銘を「竜田川」と「錦秋」迷うのですが、結局語感が好きな「錦秋」にしています♪

f:id:hemntoe:20171116174028j:plain

銀歯でいいのでしょうか?

保険診療の虫歯治療として、一般的な「銀歯」。耐久性があり、比較的安価で、保険診療のため治療費が一部負担で済むこともあり、長年広く使用されてきました。しかしこの「銀歯」は白い歯列の中で目立つほか、そのほかにもデメリットが報告されています。体にやさしい診療をご提供するため当院では金属を一切使用しないメタルフリー治療を積極的に行っています。

f:id:hemntoe:20171116173223p:plain

歯の治療金属が原因かもしれません~金属アレルギー~
現在、保険診療の虫歯治療でおもに使われているのは、金銀パラジウム合金です。銀色なので目立ってしまうだけでなく、金属がイオン化して徐々に溶けだし、歯ぐきを黒ずませることがあります。また溶けだした金属イオンが体内に吸収されることで、金属アレルギーを引き起こす原因になり得ることがわかってきています。原因不明の全身の「かぶれ」や「かゆみ」の原因はお口の中にあるかもしれないのです(光重合器)。

お口の症状
お口の中の金属が唾液や飲食物によって溶かされると、歯ぐきにメラニン色素が付着し黒く着色されてしまうことがあります。また溶け出した金属イオンの作用により味覚異常や知覚異常を引き起こすことも報告されています。ほかにも口内炎や口唇炎などお口まわりのさまざまな炎症の原因ともなるのです。

全身症状
口腔内の金属イオンが体内に吸収されることにより、全身または部分的な蕁麻疹(じんましん)や「かゆみ」を引き起こすことがあります。また全身性接触性皮膚炎や手のひらや足の裏に膿がたまる掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の原因にもなり得るのです(歯科機器)。

オオアカバナ

8月29日 手賀沼周辺

昨日の観察会でアカバナの1種が見つかった。

外来種かな?」と思っていたが、発見者のMさんから
「オオアカバナと思われる」とのメールが届いた。
早速、二人で現地に出向き、確認してみる。

柱頭が4裂していて、長毛と腺毛が見える。
間違いなくオオアカバナだ。

オオアカバナは信越・東北のごく限られた地域で見られる
希少種で環境省指定の絶滅危惧種

そんな希少種が何故この放棄田に1本だけ咲いているのか?
鳥が運んできたものなのか?

f:id:hemntoe:20170829185545j:plain

f:id:hemntoe:20170829185600j:plain

根管治療についてのこと
根管治療とは、根管内の細菌感染により歯根の先の部分に膿みが溜まって腫れたり痛んだりした場合、または無症状で根の先の周りに感染が広がった場合に、原因である細菌を除去し、根管および根尖周囲組織をきれいにする治療のことです。また感染した歯髄(神経)を取る治療(抜髄)も含みます。歯周病治療と比較すると、耳慣れない地味な治療かもしれません。

被せ物や詰め物を建物に例えると、患者さんの目には見えないという点で根管治療は大事な基礎工事に該当します。基礎工事がしっかりされていなければ、建物は何年か後に崩壊してしまいま
す。根管治療もこれと同じです。また痛みや感染がおきると、たとえ上にどんなに高価な被せ物をしたとしても、砂上の楼閣となり、すべて壊してはずさなければならなくなります。すべてが無駄になるということです。これは決して好ましい事ではありません。

今日は根管治療に欠かせない根管治療機器の一つRUENSHENG®根管治療機器YS-EM-Aを紹介します。

f:id:hemntoe:20170829185134j:plain

YS-EM-Aの特徴:

自動反転機能を搭載、自動反転機能をONにする場合、治療中のトルクは設定した数値を超えてしまう時、モーターはトルクが正常値に戻るまで自動的に反転します。

「Soft Start/Stop」機能、モーターが起動・停止する際に、徐々に加速・減速しています。患者さんに突然起動による不快感を与えなく、フィアルの保護にもなれます。

自分で設定するユーザーモードは最大6つまでセーブできます(エンドモーター)。

 

 

記事のソース:根管治療についてのこと|Shikakiki.jp