Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

クラウン(被せもの)

1.セラミッククラウン

(I)メタルボンドポーセレン(MB)
貴金属で強化された骨組みの上にセラミックを焼きつけて本物の歯のような形を造った修復物です。審美性や強度に優れています。

メタルボンドポーセレンの臨床例

f:id:hemntoe:20160206182903j:plain


(II)オールセラミッククラウン
金属の骨組みを用いないセラミッククラウンです。透明感に秀れ最も自然感のあるセラミック修復です。
従来強度の面から適応が限られていましたが模型の改良により従来より強度や審美性に優れた修復ができるようになりました。

f:id:hemntoe:20160206182924j:plain

2.ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックとプラスチックの混合型値(ハイブリッド型)のクラウンです。プラスチック単体より強度と審美性が向上しますが同時にプラスチックの欠点も併せ持ち合わせます(印象材練和器)。

f:id:hemntoe:20160206182939j:plain

3.硬質レジン前装冠

保険適用の硬質レジン前装冠は金銀パラジウム合金を使用、金属で補強されたクラウンの表側の部分にプラスチックを接着し見た目を回復する方法です。

f:id:hemntoe:20160206182949j:plain

4.ゴールドクラウン

貴金属を多く含んだ金合金は加工にすぐれ適合性が良好で腐食や変色もほとんどなく金属アレルギーの心配が少ないのが特徴です(真空成型器)。

f:id:hemntoe:20160206183006j:plain

5.銀合金(金銀パラジウム合金)クラウン
【保険適用】

銀パラジウム合金は日本の健康保険で使用される(諸外国では使用されてない)日本独自の合金です。
食事などの日常生活は何ら問題なく過ごせますが変色、腐食、金属アレルギーなどの問題点もあります。

f:id:hemntoe:20160206183013j:plain