Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

審美歯科とは?

審美歯科とは、本来の自然な歯のような白さや機能を回復するための歯科治療です。セラミックを使用したかぶせものや詰め物の材質により、天然歯に近い状態に回復することも出来ます。特に保険適用外のかぶせものや詰め物の中には、天然歯とほとんどかわらない物もあり、ご予算や症状により様々な種類があります。治療の際には患者様の状態にあわせ適切なものを、ご提案しております。ぜひお気軽にご相談くださいませ。また、下記では各種審美歯科の特徴を解説しております。ぜひご覧下さいませ。

白いクラウン ハイグレードタイプ

金属を使わないセラミックスだけでできたかぶせものです。より自然な色あいと形を再現します。永年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保ちます(携帯心電計)。

オールセラミックス エンプレス

金属を鋳造するのと同様にセラミックスの塊を鋳型の中に押し込み骨格を作ります。金属を使わないセラミックスだけでできていたかぶせものですので、より自然な色あいと形を再現します。永年の使用にも変色せず。健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保ちます。奥歯やつめものにも適用可能です。

白いインレー ハイグレードタイプ1

金属を使わないセラミックスだけでできたつめものです。より自然な色あいと形を再現します。永年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保ちます(歯科用ルーペ)。